積み木

期待に応えてくれる不動産会社|把握すべき情報

最高の気密・断熱性能

一軒家

北欧基準の住宅

寒い北欧では高気密・高断熱の住宅が当たり前で、スウェーデンハウスは1984年に北欧の技術を持ちこみ日本でスタートしました。日本の中でも冷涼な地にあたる北海道から展開して、高い評判から日本全国に広がっています。今では国内ハウスメーカーのほとんどが高気密・高断熱の性能を競っていますが、その中でもスウェーデンハウスは屈指の性能を誇っています。気密性能や断熱性能は、どこのハウスメーカーでもカタログなどで公表していますが、カタログ値でもスウェーデンハウスはトップクラスの性能を示しています。しかも、他のハウスメーカーが熱が逃げやすい窓を少なく、小さくして、壁の面積を少ない単純な形状の住宅で計測しているのに対して、スウェーデンハウスでは全国に実際に建築した住宅の平均値を表示しています。住宅内と外の間の熱の移動は壁と屋根、および窓で行われます。壁や屋根に関しては厚みのあるガラスウールによってしっかり断熱されます。一方、窓は最近では二重ガラスや三重ガラスを使うことによって断熱性能を高めていますが、それでも窓からの放熱は多くなってしまいます。スウェーデンハウスでは断熱性能の高い三重ガラスな上に、断熱性の高い木製サッシを採用していて、高いデザイン性だけでなく最高の断熱性能も手に入れています。断熱性能が高いことがスウェーデンハウスの特徴のひとつではありますが、日本で標準で採用されている910mmモジュールではなく、北欧基準の1200mmモジュールを採用しているため廊下なども広々と設計することができます。